スマートフォンサイトを表示する

新潟市秋葉区新津の割烹井浦がプロデュースする新感覚の葬祭ホール「ArtHall アートホールあかり」は、
通常葬をはじめ、小規模な家族葬や告別式を行わない一日葬などお客様の規模に合わせた小さなお葬式プランもご用意しております。

文字の大きさ:
普通
特大

お葬式の知識

よくある質問

どのような式場がありますか?
小式場から大式場まで様々なタイプの広さの式場を完備していますので、安心してご利用いただけます。
参列者が家族と近い親族だけなのですが?
おまかせ下さい。
小式場をご利用頂ければ大丈夫です。最大30席までご利用いただけます。
亡くなった時、自宅に安置できないんですけど?
安置室があるので、病院から直ちに安置できます。
あかり会員の月々の費用や年会費ってあるんですか?
あかりでは月々の費用や年会費は一切ありません。

家族葬のメリット、デメリット

最近、都市部でよく行われている家族葬にもメリットとデメリットがございます。
十分にご理解されないままに選択されると後でトラブルにもなりかねませんので、そのメリット・デメリットを紹介させていただきます。

家族葬のメリット

費用を抑える事ができる
家族葬は遺族・親族・友人などの本当に近しい関係者のみの少人数で行う葬儀なので、会葬品や料理が少なく済みますし、別館のようなコンパクトな場所ででき、会葬者への香典返しや食事など高額な負担がないため、全体の費用をおさえることができます。
近親者だけで故人とゆっくりお別れができる
参列者は、家族を中心とした近親者のみなので、多くの会葬者の応対や堅苦しい挨拶をする必要もなくなりますので、心身の負担が少なく、故人を偲ぶゆったりとした時間をもつことができます。
手間がかからない
葬儀の準備も参列者も身内が大半をしめますので、弔問客への対応が少なくなります。身内だけなので、気を使わず、葬儀の全体的な手間が少なくなります。

家族葬のデメリット

葬儀後の弔問に訪れた方への対応に追われる事がある
家族葬で葬儀を執り行うと、外部の人は、故人とお別れができません。亡くなられたことを耳にされた方が、葬儀終了後に弔問にいらっしゃる場合があります。しばらくはその対応に追われ、かえって対応に手間がかかる事になるかもしれません。家族葬のデメリットではありますが、デメリットと考えずに、あらかじめ対応を考えておくことが大切です。弔問客が来てくださるのは、ありがたいことです。
友人・知人の反感を招く恐れがある
故人様も、生前はたくさんの方々とおつきあいされてこられたはずです。ご家族がご存じないところで深いお付き合いをされた方もいらっしゃるかも知れません。また親族のなかには、お葬式といえば一般的な葬儀をイメージしている人もいらっしゃると思います。
通常のご葬儀は、ご家族だけでなく、ご友人・知人の方々にとっても、故人様が亡くなられたことを認識し、丁寧にお別れすることで心の整理をするための場でもあります。ご家族だけのご判断で家族葬を行われると、後から聞かれた方のご気分を害してしまう恐れがあります。
香典が少なくなる
会葬者が減りますので、香典の額が少なくなります。

家族葬はこのような方におすすめです

以上のメリットとデメリットをふまえ、家族葬は以下のような方々におすすめです。実際にこのような方が家族葬を選択されることがほとんどです。

  • あまり費用をかけずに、通夜と告別式を行いたい
  • 身内だけで静かに葬儀を執り行いたい
  • 故人がこじんまりしたお葬式を望んでいた
  • 故人が高齢で、参列者が少ない
  • お子様方が遠方にお住まいの場合
  • 生後間もなく亡くなった方

とりいそぎの弔問

近親者や親戚の危篤や死亡の通知を受けたときは、すぐ駆けつけなければなりません。
ごく親しい間柄であれば、男性なら世話係の一員として、女性なら家の中の整理や台所のことや接待の手伝いをするつもりで出かける必要があります。
遠隔地に住んでいる場合、通知を受け取ったら、折り返し到着の日時を電話や電報で知らせ、だれとだれがいくということを確実に伝えておきます。危篤の通知のときでも、万一のことを考え、喪服を用意し、少し長く滞在する心構えが必要といえましょう。
故人や遺族とごく親しい知人や友人、仕事の関係者なども、死亡の通知を受け取ったら、とりあえず弔問するようにします。
通知を受けた本人が不在のときや、何かの事情などで葬儀に間に合わないときは、代理の人がとりあえず弔電を打つようにします。しかしどうしても弔問しなければならない間柄のときは、代理の人が参列し、お悔みを述べるとともに、本人が弔問できなかった理由をはっきりと伝えます。
何かの手違いで、遅れて不幸を知ったときは、知らなかった事情を告げて失礼をわびます。
なお、故人の死因については、遺族の話を聞くぐらいにとどめ、あまりくどくどと問いただすことのないようにすべきと心得ましょう。

※ご遺体との対面
ごく親しい間柄でないときは、遺族から「対面してください」とすすめられない限り遠慮すべきです。
そのときは遺族に礼をして、ご遺体に合掌礼拝する程度にとどめます。
ご遺体との対面をすすめられたときは、その横にすわり、顔の白布がとられたら合掌し、深く一礼して退席します。
弔問のみだしなみ
  • 数珠を必ず持参します。
  • 服装は地味な普段着でかまいません。
  • 女性の場合、化粧や装身具を控え目にします。

通夜出席の心得

通夜は、近親・知己などごく親しい人が集まって、故人をしのびご遺体を見守りながら最後の一夜をあかすという大事な席ですので、通知を受けたときは、できるかぎり出席するようにします。
出席するにあたっては、通夜の時間に遅れないように心がけなければなりません。
最近の住宅事情もありますので、身内の人しか座れないようなときは、遺族や世話人にたずね、場合によっては挨拶や焼香だけで失礼することも必要でしょう。
受け付けがあれば、そこに「香典」を差し出します。受け付けのないときは、喪主または遺族に手渡します。壇の上に直接そなえてもよろしいでしょう。
喪家に着いたら、仏前に焼香および合掌礼拝をしますが、このときかねを打つことはいたしません。
席次についてはあまりこだわる必要はなく、遺族と反対側に先着順に座ります。
数珠を持参することはいうまでもありませんが、「正信偈」の読める人は経本を持参し、ご導師について一緒に唱和するようにしましょう。
通夜のおつとめが終わり、遺族代表の挨拶があったら、遺族近親者以外は長居せずに退席するのが礼儀といえます。
通夜ぶるまいのある場合は、遠慮する必要はありませんが、宴席ではないので万事控え目にすべきと心得ましょう。

通夜出席の服装
  • 通夜に参列するときの服装については、とりいそぎの弔問とは違うので、ある程度衣服を整えなければなりません。
  • 地味なもので、きちんとしていれば正式な喪服でなくてもかまいませんが、最近は略礼服(男性は黒のダブルスーツ、女性は黒のスーツかワンピース)で参列する人が多いようです。

包み物(香典・その他)

香典とは、亡くなった人にお供えする香にかわる金銭という意味のものです。
喪家との血縁の深さ、故人との親交の程度、あるいは社会的地位などにより金額も異なってきます。親戚や友人、近隣者の場合など同じ立場の人と相談するのがよいかと思います。
香典の包みは、市販の金封を使っても、自分で包んでもかまいませんが、市販の金封の場合は黒白の水引きになります。上書きは「御仏前」「香典」「香資」「香料」とし、通夜か葬儀のときに差し出します。

通夜(伽)見舞

喪家の親戚などで、通夜の接待に役立つ食物などを通夜(伽)見舞として届けたり、または包みものにして差し出すことがあります。
この場合は、供物と混同しないように、通夜(伽)見舞であることをことわって手渡します。
地域や習慣の違いもありますので、誰がどの程度のものを受け持つかといった具体的なことは、直接遺族と相談するのが一番といえましょう。

葬儀への参列

葬儀に参列するときは、必ず定刻前に到着することと、数珠を忘れずに持参することに留意します。

※親戚の場合
すでに通夜のときに、上表の包みものを持参してあれば、葬儀当日は必要ありません。世話係の指示に従って行動します。
席順は血縁の濃い順に壇に近い方から座ります。家のつくりによっても違いますが、左右いずれかの側になることが多いようです。
焼香はほとんどの場合、回し焼香になりますので、自分の番がきたら座を正し、香をいただかずに二回(お西は一回)焼香し、合掌礼拝して隣に回します。
火葬場へ行くよう(野辺の送り)に頼まれたときは、出棺のさいすみやかに指定された車に乗るようにします。
※一般会葬者の場合
一般会葬者は、まず受け付けで「香典」を渡します。通夜のとき渡してある人は必要ありません。
焼香は随時、別に設けられた焼香卓で焼香します。このときも、焼香のうえ合掌礼拝してさがります。焼香の順番は別にありませんので、早く来た人あるいは焼香卓に近い人から行えばよいでしょう。
出棺のさいには、合掌してお見送りします。

会葬の服装

遺族や親戚などの葬儀参列者は喪服を着用します。
一般の会葬者の場合は、男性なら黒か濃紺のスーツに地味なネクタイ、黒靴。女性なら黒系統のスーツかワンピースに黒靴といったところです。なお、地味なものであれば、平服でもよろしいでしょう。

お斎

親戚の人はもちろんお斎の席につきますが、葬儀の手伝いをしたり、故人と親交があったり、勤務先の関係などで葬儀に参列する場合、三十五日忌法要のあとでおこなわれるお斎の案内を受けることがあります。そのときは遠慮なく受けたらよろしいでしょう。

ページの先頭部へ戻ります